洋画を売るとしたら、どのような方法があるの?

お宅には素敵な油絵などの洋画はありますか?親が買ったものなので、自分ではめったに気にいっていないとか、売り払えるものなら売りたいとか考えておられますか?ですが、絵画を並べるにはどうしたらよいのでしょうか。

大きく分けて、譲る方法は3つあります。1つは競り市に生み出す、2つ目に買取業者に来てもらう、3つ目は画廊に持ち込むという方法だ。競り市は、今はネットオークションが主流になっているかもしれませんね。ヤフーオークションや楽天オークションなど、一度は耳にしたことがあるでしょう。

ネットオークションに出品するには、ある程度の準備が必要です。ひと度、その絵に関してある程度の知識を取り入れる必要があります。競り市は自分が最初の値段を設定しますから、その絵がどれくらいの価値があるか知っていないと設定できません。価値が分かっていれば、道理にかなった価格を塗り付けられますし、価値のある絵をすさまじい安値で売ってしまうこともないですよね。そして又、差し出す絵画の写真を撮る必要があります。色々な角度から4枚以上撮りましょう。撮る時折、何とか買ってもらいたいわけですから、その絵の良さが十分分かってなくなる写真になるよう、工夫して撮りましょう。そして打ち出す絵画に関する、正直で細かい文章も必要になりますよ。

買取業者に頼む場合は、1社だけで決めるのは良くありません。買取業者によっても見積りは随分異なることが多いのです。自分から絵を持って出向かなくても、連絡をすれば一気に査定をするために訪問していただける。何社かに来てもらうも、西洋画に詳しい買取業者を探しましょう。西洋画を売りたいのですから、日本画に詳しい所に連絡してもお門違いでしょう。

画廊に売り払うには、自分自ら絵を持って画廊を訪ねる必要があります。どの画廊へ行ったらよいか、事前に調べなければなりません。画廊の方は達人ですが、自分の得意分野の絵は限られています。自分の持っている絵を規則正しく評価してもらえる画廊を見つけられたらいいのですが、すぐには見つからない可能性もあります。ですが、試しに西洋画専門の画廊にとって行って見てもらってもいいかもしれませんね。参照サイト