本物の絵を購入するには、良い画商から

仮に、なんとも高額の洋画の購入を考えているなら、どこへ行って購入するべきでしょうか。自分にかなりの美術的知識があるなら、競売に参加して購入してみようというかもしれません。それでも、自分の知識だけで高額の絵画を購入するのは、冒険ではありますよね。さすが、安全に高額の絵画を購入しようと思うなら、信頼のおける画商から購入するのが一番かもしれません。

画商は絵の買い付けを通じて生じる人ですが、その画商が画廊を開いていることもあれば、画廊を借りていらっしゃる事もあります。また、倉庫だけ持っていて、店を欠ける画商もいる。必ず、並べるための絵を、内外のオークションで買い求めたり、画家個人から直接購入してきます。画商にとっても、高額な絵を仕入れることは冒険だ。自分の真贋を見極める力に頼って、何百万円も始める絵画を仕入れるわけですから、至っての経験と知識がなければ出来ない仕事だ。仮に、画商に真贋を見極める力がなかったら、偽物をつかまされたり、偽物でないにしろ、全然評価できないような絵を買い付けてしまう。そうすると、その画商からは絵を購入する人はいなくなってしまいますから、廃業やるしか無くなるわけです。

有名デパートで絵を購入すると安心と言いますが、その有名デパート自身が絵を買い付けて来るわけではなく、信頼のおける画廊がそのデパートに絵を委託して、販売してもらうという形をとっています。ですから、デパートで購入する絵画は安心だと呼べるのです。

ですので、熟練した画商のいる画廊を編み出すなら、その画廊が何年店を維持しているか(せめて10年以上蔓延る店)、どのように信頼を勝ち取っているかを調べれば、どの画廊で絵を購入するべきかが知るでしょう。かなり嬉しい画廊が見つかったら、その画廊は長年のお付き合いになる可能性も出てきます。画商との個人的なきずなが築かれて行ったなら、自分が購入したい絵画を探して貰う事もできますし、絵の補修も寄り縋ることができるでしょう。また、自分の有する絵(本物であれば)を買い取っていただける事もしてくれます。

1枚でも本物の素晴らしい絵を見つけたいとしているなら、ひと度嬉しい画商を探しましょう。引用