妊婦さんが風邪をひいたら、どうしたらいいの?

妊娠すると免疫が低下するので、普段より風邪をひき易くなります。妊娠期間中の10か月の間に、1回は風邪をひく妊婦さんは多いかもしれませんね。ですが、妊娠中なので、安易に風邪薬は飲めませんし、どのように治したらいいのでしょうか。それに胎児に風邪によるのだろうかと心配になったりもしますね。

先ず安心な点として、妊婦さんが風邪やインフルエンザになっても、胎児には影響がありません。ですのでふとした風邪なら慌てないことです。

ですが妊娠中に風邪をひくと、何だか治らないということもあります。かなりひどい咳がどんどんおさまらないと、お腹がでかい妊婦さんにとっては大変です。腹圧で、下腹がきついと感じる方もいるようです。やはり悪い咳は、大部お腹が大きくなっている妊婦さんにとっては要注意です。胎児には影響はないですが、早めに病院へ行って、酷い咳があることを報じましょう。

熱が37度程度なら構わないのですが、高熱(38度から40度)が出た場合も早めにお医者さんへ行った方がいいですね。風邪ではないかもしれませんし、そのような高熱が何日も貫くようなら、胎児にも影響があるかもしれないので、家で安静にしているのではなく、病院へ行きましょう。

ですが、鼻が出る、喉が少々辛いくらいの小気味よい風邪なら、患者さんが沢山おる病院へ行くことはないかもしれません。何か細菌がうつっても嫌ですし、長く待合室で控えるのも体力を消耗行なう。ではどうしたらいいでしょうか。

一旦、温かくした家で、安静にしていましょう。出来たらベッドに入って、寝入るようにするといいですね。十分に休息をとることは、免疫を決めることにつながります。度々無理して家事をしないようにしましょう。男子にも家事をしてもらうよう頼んでみるといいかもしれません。

熱くした麹甘酒(アルコール分はない)を呑むのも良い方法だ。体をあたためると、寒気も消えますし、免疫も上がります。しかも麹甘酒は呑む点滴と言われているので、栄養補給にもなります。ショウガとハチミツを入れた紅茶も体を温めます。

水分補給も大切です。妊婦さんは水分不足になりやすいですし、風邪対策にもなりますから、速やかに体に吸収される経口補水液を呑むのもいいでしょう。参照サイト