女性からデートにいざなうときのNG方法

合コンや学校、職場などで出会った気になる彼はいますか?そういう彼とデートに行きたいというのは自然だ。でも、女性からデートにいざなうのは甚だ勇気が必要で、相当誘えない女性は多いのではないでしょうか。断られたらいかんせん・・・と不安になりますよね。そこでまずは、断られ易いNGな導き方をご紹介します。

1つ目は、「上から目線」だ。例えば、「明日デートで何かおごってよー」などとおごってもら事が前提のお誘いは絶対にだめ。また「暇ならデートしてあげてもいいよ」なども上から目線で違和感ですね。こんな導き方では性格が悪い女に認定されても仕方ありません。飽くまで「デートをしてもらう」という立場だと思って、謙虚な姿勢を忘れないようにください。
後は、「相手の都合を考えていない」だ。急に、「明日ご飯行かない?」や「今から会いたい。」と言われても、用事があれば断りますよね。相手の予定を聞いたり考慮したりして、相手がデートに行けそうな日を選びましょう。迷惑でめんどうくさい女だと思われないためにも気を付けなければならないポイントです。
3つ目は、「相手の趣味趣向をリサーチしていない」だ。例えば、体育会系でにぎやかなところが好きな”彼”に、静かな図書館デートに誘ったら・・・。それは断られても仕方ないですよね。”彼”の趣味趣向に合ったデートはOKされやすいと言いますが、合ってなくても大丈夫です。飛びていなければいいんです!”彼”の趣味趣向に飛びていないデートに誘ってみてくださいね。
4つ目は、「誰でも素晴らしいという態度」だ。デートの相手を探していてだれでも宜しいという態度は、男性にとってあんまり気分のよろしいものではありませんよね。「誰でも良かったんだけど特に”彼”くん誘ってみた!」なんて言われたら、「俺じゃなくて他当たって」となります。デートの相手は”彼”が良い!”彼”とデートが目指す!という気持ちを報じましょう。そうすれば男性も気分厳しくデートにOKできるかもしれません。

これらのNGな導き方を避けて彼をデートに誘って下さい。実はお誘いを待っている男性は多いんです。勇気を出して!素敵なデートを楽しんでください。引用