リトグラフって、美術的価値はいるの?

おしゃれな部屋に随時飾ってある、リトグラフ。版画であることは、知られていますが、まさにどのようなものなのか、詳しくは思い付か人のほうが多いかもしれませんね。確かにリトグラフは版画なのですが、数量限定で生まれる版画なのです。ですから、リトグラフの左下には走り書きものの感じに、例えば7/200とか数字が書いてあります。これは限定部数が200枚で、限定番号は7、に関してなのです。(7番目の順番で刷られたという意味ではありませんので、誤解しないようにください)。なので、印刷とは違いますから、美術的価値はあります。

当然、画家の肉筆の絵とは違いますから、肉筆に比べれば価格は低くなります。とはいえ、超有名画家のリトグラフもあり、中にはとても高額のものもあるようです。ですが、こういう画家のリトグラフ、こんな安い値段で並べるの?というものもあります。

例えばリトグラフで有名なシャガールですが、すべてのリトグラフではないですが、4,5万円で売られている作品が結構あります。シャガールは、リトグラフ用の絵を数多く描いていらっしゃる。オリジナルの油絵を版画にしたのではなく、最初からリトグラフ用に描いたわけです。ですので、かなりの数が出回っているので、価格も安くなるのです。

ピカソの絵もリトグラフはありますが、これはオリジナルの油絵を版画にしたもので、数もそれだけ多くありません。それにピカソの絵は、絵によっては200億以上で買い取られたりやるほど高額なので、リトグラフと言えども、何十万円もします。

リトグラフとは言え、偽物も結構出回っているので、購入する場合は気を付けた方がいいでしょう。とても、買う時は刷った枚数が記載されているかどうかを見ましょう。前述したように、3/200とか、数字が書いてあるかどうかだ。それと共に、作者の署名もとにかく書いてあるはずなので、確認しましょう。カタログ・レゾネ(全作品の目録のようなもの)にあるかを確認することも重要です。また、カラーコピーです場合もあるので、じっくり見てみましょう。

ですから、リトグラフを購入する時は目で見渡せる所で購入した方が安心です。ネットオークションのように、実際の品物を見れない場合は、わずか危険かもしれません。数千円のものならいいでしょうが、何万、何十万もやるリトグラフを購入するなら、ネットオークションはやめた方がいいかもしれませんね。www.davidsinhaarlem.nl